英文法

助動詞「may」の3つの用法をさらっとおさらい

 

may」の用法は主に3つあり、「許可」、「推量」、そして「祈願」を表します。ひとつ注意してほしいのは、「may」の過去might」は常に成り立つわけではないということ。

 

時制の一致や仮定法などの場合をのぞいて、過去形を「might」で表すことはありません。

 

 

許可を表す

 

許可を表す

「may」の用法としてはいちばんよく使われるものです。「~してよい」と訳します。

 

You may use this office for the time being.

しばらくはこの事務所をつかってもいいですよ

 

May I sit here?

ここに座ってもよろしいですか

 

問いに対する答えは、肯定ならYes, you may.「はい、よろしい」、否定ならNo, you may not.「いいえ、よくありません」か、No, you must not.「いいえ、いけません」となります。

 

 

推量・可能性を表す

 

推量・可能性を表す

これもよく使われる用法です。「~かもしれない」という意味を表します。

 

I may be away on a business trip next week.

来週出張に行くかもしれない

 

That email message may contain a virus.

そのEメールのメッセージにはウイルスが含まれているかもしれない

 

 

祈願を表す

 

祈願を表す

少し形式ばった言い方ですが、「~しますように」の意味です。

(May+主語+動詞)の語順になります。

 

May there never be another war!

再び戦争が起こりませんように

 

May God forgive me!

神よ、我を許したまえ

 

 

「may」を使った慣用表現

 

「may」を使った慣用表現

 

1⃣ may well~には「(多分)~だろう」、「~するのももっともだ」の意味があります。

Mr.Thompson may well need a translator during his visit to the Japanese office.

トムソン氏が日本の支社に出張する際には、通訳が必要だろう

 

You may well get angry.

君が怒るのももっともだ

 

 

2⃣ may as well~は「~するほうがよい」という助言などを表します。

You are too tired to finish this report tonight. You may as well go home.

君は疲れていて、今夜はこの報告書を終えられないよ、家に帰ったほうがいい

 

 

3⃣ may[might] as well~as-は「-するのは~するようなものだ、-するくらいなら~したほうがましだ」という意味になります。

You may as well throw money away as continue with this useless project.

この無益なプロジェクトを続けるくらいなら、金を捨てるほうがましだ

 

 

「might」は「may」より自信度が低い(可能性が薄い)

 

I might be away on a business trip next week.

来週、出張にいくかもしれない

 

この「might」は「may」とほぼ同じ意味です。「might」は「may」より可能性が薄いという気持ちを含むこともありますが、少なくともこの例では「may」の過去形でないことはわかると思います。この場合の時制は現在です。

 

「(過去において)~したかもしれない」は〈may+have+過去分詞〉で表します。

 

He may have made a mistake in the preliminary calculation of the sales figures.

彼は売上高の試算を誤ったかもしれない

※preliminary 予備の、準備の

 

 

 

-英文法
-, ,

© 2021 フット eラボ