英会話

英会話で使われる「You know」はいつ、どのように使われるのか

 

英語のインタビューなどでよく耳にする「 You  know 」とはどんな意味なのでしょうか。

「 You  know 」は主に自分の言葉に対する相槌です。使い方としては主に次の3つがあります。

 

⑴「ほら、あれ」と言って相手に何かを思い出してもらう。

 

⑵「~でしょう」と強調して相手の同意を求めたり、念を押したりする。

 

⑶言葉に詰まったとき「え~っと、何といえばいいかな」と時間稼ぎをする、または相手に助けてもらう。文頭・文末・センテンスの途中など、自由な場所で使える便利なつなぎ言葉です。

 

今回はこの「 You  know 」について解説していきます。

 

 

いろいろなシチュエーションで使われる「You know」

 

相手に思い出してもらう「 You  know 」

 

・ あれ、あれよあれ

 

・ 分かる?

 

・ ほら(思い出してよ)

 

 

念を押す、協調や同意を求める「 You  know 」

 

・ 分かるでしょ

 

・ でしょ / ですよね

 

・ あのね / ねえ

 

・ 何しろ… だから

 

 

言葉に詰まったときの「 You  know 」

 

・ え~っと

 

・ あの~、ほらあの

 

・ 何と言えばいいのか

 

 

 

「 You  know 」の会話例

 

― 思い出してもらう —

 

男子A: I  know  I've  seen  Yamada  somewhere  before.

山田には確かどこかで会ったことがある。

 

男子B:  He  went  to  our  high  school.  You  know !  He  was  captain  of  the  tennis  club  and  popular  with  the  girls.

俺たちと同じ高校だよ。ほら(思い出せよ)!テニス部の主将で女の子たちにもてもてだった。

 

男子A:  That's  right. I  never  liked  him.

そうだ。やつはどうも気に食わなかったな。

 

 

 

― 同意を求める —

 

夫: It's  already  11  o'clock.  We  have  to  leave  pretty  soon, you  know.

もう11時だよ。もうすぐ出かけないといけないだろ。

 

妻: Just  wait  another  20  minutes.  I  have  to  put  on  my  make-up.

あと20分だけ待って。お化粧しないと。

 

 

 

― 念を押す —

 

課長: I'm  going  on  summer  vacation  next  week, you  know.

来週は夏休みをとります(知ってるよね)。

 

部下: Have  fun !  And  don't  worry  about  work.

楽しんでください。仕事のことは心配しなくて大丈夫です。

 

 

 

― 授業をさぼった理由 —

 

高校生A:  It  was  a  beautiful  day.  Too  nice  to  stay  inside, you  know ?

すごくいい天気だったのよ。ほら、部屋にいるのはもったいなくて。

 

高校生B:  Yeah, I  know.  You  skipped  class, right ?

ああ、分かる。授業さぼったでしょ?

 

 

最後に

 

You  knowは非常によく使われ、特に若者で、口ぐせで you  know を繰り返す人がいます。相手が使ったとき、特に意味がないと分かれば聞き流せるようになります。

 

文の途中でも挟めるので言葉に詰まったときは便利ですが、多用しすぎると耳障りです。あまりきれいな言葉づかいとは言えないので、パブリック・スピーキングなどでは多用しないよう気を付けましょう。

 

日常会話でも you know を多用すると、いい加減な話し方の印象を与えるので気をつけてください。

 

 

今回は以上になります。

 

 

 

 

 

-英会話
-, ,

© 2021 フット eラボ