英会話

【Oh/Well/Actually】英会話のクッション言葉の使い方

  クッション言葉とは、ビジネスや日常生活で使われ、言葉の前に添える言葉のことで、表現をやわらげる緩衝材のような役割を果たすフレーズを指します。   最近、日常生活などでクッション言葉を上手に活用することが求められています。   この言葉をひと言添えて周囲とのコミュニケーションを円滑に進めたりすることができます。   今回は英会話においてよく使われている基本的なクッション言葉について書いていきます。         目次 ①  ...

ReadMore

英文法

ブラウザーとは「草を食う牛」? 【意外と知らないIT関連の英単語】

    ここ20年ほどでITを中心としたハイテク産業が急速に発展してきましたが、いかにハイテクが進歩して新しい機械が発明されようとも、そこで使う用語まで発明することはなかなかできないものです。   従来のものをそのまま踏襲するか、少し手を加えて再利用するしかないようです。   したがって、最先端を行くコンピュータ用語も、その根を探っていくと、意外と古い言葉であったりします。   今回は意外と知らないコンピュータ関連の英単語の語源について書いていきます。 & ...

ReadMore

英文法

【smoke free room】は「喫煙室」ではなく「禁煙室」です【勘違いしやすい言葉】

  日本に住んでいると、日常的に見たり聞いたりする英語のような日本語があります。   英語と同じような意味を持つ単語があったり、まったく別の意味で使われている言葉があったり、2つの単語を合わせて作られた造語なんてものもあります。   このような英語を語源とした和製英語は時に私たちが英語を使う時に間違った解釈をさせてしまうことがあります。   今回は日本でもよく聞く身近な単語「free」について、私たちが勘違いしやすい場面を解説していきます。   &nbsp ...

ReadMore

英文法

サッカーのフーリガンという英語は人の名前が由来?【意外と知らない名前が由来の英単語】

  普段日本に住んで、日本語を使っている私たちが英語の単語や文法を覚えるのは簡単ではありません。何度も辞書を引いたり、単語帳を見たりして少しずつ覚えていくことになると思います。   しかしながら、ちょっとした工夫が記憶の助けになることがあります。   たとえば単純に単語とその意味を直接的に覚えるよりもその単語の歴史を知ったり、語源や文法の変遷などを知っていると、一度覚えた単語などの記憶は頭の中に定着しやすくなります。   今回は日本でもよく聞く身近な単語の意外に知ら ...

ReadMore

英文法

「above」と「over」、「below」と「under」の位置関係のちがいとは

    私たち日本人が苦手とする前置詞。日本語にすると同じような言葉になっても英語では微妙に意味が変わってきます。   そんな前置詞も普段の「感覚」で覚えていけば意外と簡単に覚えることができます。   今回は「上」の意味の「above」と「over」、「下」の意味の「below」と「under」について解説していきます。       目次 「above」と「over」の位置関係の違い何かの基準より上にあれば「above」空間的な高さをも ...

ReadMore

英文法

スープは「飲む」のに英語では「eat」?「drink」と「eat」の違いとは?

    日本語で「飲む」はそれが個体でも液体でも飲み込む行為であれば「飲む」と言いますが、英語ではどうでしょうか。飲み込む行為すべてを「drink」であらわせるのでしょうか。   結論を先に言うと「drink」は液体を飲むときにだけ使われる単語です。では、個体の場合はどうなるのでしょうか。   今回は「drink」と「eat」の違いを解説していきます。       drinkとeatのちがいとは?   日本語の「飲む」は、「か ...

ReadMore

サブスク・スクール

産経オンライン英会話Plusの口コミ・評判を徹底レビュー

  海外旅行で現地の人ともっとコミュニケーションをとりたい、仕事で英語を使わなければいけなくなった、外国人と友達になりたいなど、英会話を学びたいと思っている方は多いと思います。   そんな方におすすめしたいのがオンライン英会話です。少し前までオンライン英会話は質が悪い、やっぱりスクールに通うのが1番という評価が多い傾向にありましたが、近年のオンライン英会話は高クオリティ・低価格。初心者~上級者までレベルを問わず、また日常会話から英検・TOEIC試験対策まで幅広く対応しています。 &nb ...

ReadMore

英会話

英語の「I」と日本語の「私」の違いは何か【タテ社会とヨコ社会】

  英語の「I」は日本語で「私」と訳されることが一般的です。逆に日本語の「私」、「僕」、「俺」、「あたし」等はすべて「I」に訳されます。なぜ一つにまとまるのでしょうか?   これには日本と欧米の「社会」が関係しています。今回は「私」を意味する「I」について考えていきます。       目次 「私」は動くが「I」は動かない「I」なくしては英語は語れない「I」はなぜいつも大文字で書く?「私」は動くが「I」は動かない   日本語の「私」、「僕」、「俺」 ...

ReadMore

英会話

「がんばって」を英語で「Take it easy」と言うワケ

    日本人が日常生活で何度も使う表現の1つに「がんばって」という言葉があります。   日本人の感覚でこの「がんばって」をそのまま英訳しようとすると、「努力」や「根性」を連想してそのような言葉を使ってしまいそうですが、欧米の文化では日本と違い能力や才能を評価する「合理主義」が根底にあるため、このような状況の場合、日本人とは違った発想をします。   今回はなにかを「がんばる」時、欧米人はどのようは思考をするのか考えていきましょう。     &nb ...

ReadMore

英会話

英単語「cook」と日本語「料理」の違いは何か【焼き方別英単語】

  突然ですが、日本語で「料理をする」に相当する英語は何でしょうか?そんなの「cook」でしょ! と言いたくなると思いますが、実は正確にはcookでは不足があります。   ここでは英単語「cook」と料理方法の関係、日本語「焼く」の焼き方で変わる英単語を紹介していきます。       目次 「cook」と「料理」の違いは火を使うかどうか「コック」は男性しかなれないか?調理法や材料などの主な固定訳「cook」と「料理」の違いは火を使うかどうか   ...

ReadMore

© 2022 フット eラボ