英文法

someとanyの基本的な用法をさらっとおさらい

 

「some」も「any」も形容詞・代名詞の用法がありますが、ここでは形容詞の用法を中心に説明していきます。

 

some、anyともに「いくつかの」あるいは「いくらかの」のように不定の数や量を示し、否定文、疑問文、条件節で使われるanyが、肯定文で使われるsomeに対応しています。ただし、意外な意味や用法もあるので注意が必要になります。

 

 

someの基本的な使い方

 

「some」は数えられる名詞、数えられない名詞のいずれにも使え、ばくぜんとした数や量を表します

 

原則として肯定文で使われます。

 

We need some details about this joint venture.

我々にはこの合弁事業についての詳細な情報が必要です。

 

I would like some coffee,please.

コーヒーを下さい

 

 

数を表す場合は「いくつかの」、量なら「いくらかの」などと訳すこともありますが、冠詞の「a(an)」や「the」と同様に、わざわざ日本語にしないほうが自然な場合が多いようです。

 

 

anyの基本的な使い方

 

「any」は原則として疑問文、否定文、条件節(if~などの節)で使われ、「some」に対応します。

 

疑問文、条件節で使われると「何か(少しは)」、否定文で使われると「何(少し)も(~ない)」の意味になります。

 

Do you have any questions?(疑問文)

何か質問はありますか

 

There is not any hope(=there is no hope)of success.(否定文)

我々が成功する望みはまったくない

 

If you need any help,please ask me.(条件節)

もし手伝いが必要なら、私に声をかけてください

 

 

someの注意すべき用法

 

1⃣ someが数えられる名詞の単数形につくと「ある…」の意味になります。

 

There is some merit in this idea,but I am still not convinced.

この考えにはある利点はあるが、私はまだ納得はしていない ※be convinced 納得する

 

 

2⃣ some dayは「いつの日か」という意味です。

 

I will start my own company some day.

私はいつか自分の会社を起こすつもりだ

 

 

anyの注意すべき用法

 

anyが肯定文に使われると「どんな…でも」を表す強い意味になります。

 

Any fool can see that this is a mistake.

どんなばかな人だって、これは間違いだとわかるよ

 

 

代名詞では、しばしばof…を伴って「(…の)どれでも」の意味になります。

 

Any of you can go.

あなた方の誰でも行くことができる

 

 

疑問文でもsomeを使うとき

 

yesの答えを期待するときや依頼するときなどは、疑問文でもsomeを使います。

 

Would you like some more wine?

ワインをもう少しいかがですか

 

Could you lend me some money?

お金を貸してくれませんか

 

 

 

 

 

-英文法
-, ,

© 2021 フット eラボ