英会話

旅行で使える超初心者英会話|シンプル表現で簡単に【旅行前準備編】

 

 

悩んでいる人
海外旅行にいきたいけど、英語ができないから不安だよ。どんな表現を覚えて行けばいいの?

 

 

不安ですよね。ここではできるだけ簡単な旅行で使える 英会話を紹介しますよ。
フット

 

 

海外旅行の楽しみは観光、食事、買い物などいろいろあると思いますが、そこでは日本語が通じません。

 

自分の買いたいものや伝えたいことなど、英語を話さなければいけない環境になります。

 

英語表現を全く知らないと自分の思っていることが伝えられずせっかくの旅行がつまらなくなってしまうかもしれません。

 

ですが、ほんのちょっとの英語表現を知っていれば、現地の方とのコミュニケーションがとれてあなたの旅行は格段に楽しいものになるでしょう。

 

ここでは出来るだけ簡単に、シンプルな英会話を紹介していきます。

 

今回は「旅行前準備編」です。出発前に知っておくべき基本的なことです。

 

 

まずはこの基本フレーズを知っておきましょう。

 

旅行の英会話に必要な基本的フレーズです。どれも中学生の時に習ったものばかりです。

 

ここをしっかりおさえておけば、おおよそ言いたいことは伝えられます。

 

5W1H

 

中学1年生の最初のころに習った英語です。何かを尋ねたいときに必要になります。

 

 

・Where     どこ

場所を聞きたい時に使います。

 

Where is ABC station? (ABC駅はどこですか?)

Where is the restroom? (トイレはどこですか?)

 

・When      いつ

時間を尋ねるときに使います。

 

When is the next bus? (次のバスはいつですか?)

When does the tour begin? (ツアーは何時から始まりますか?)

 

・What      何を

何かを聞きたいときに使います。

 

What time is it? (今何時ですか?)

What is that? (あれは何ですか?)

What is this? (これは何ですか?)

 

・Why     なぜ

理由を聞きたいときに使います。

 

Why not? (どうしてダメなの?)

Why do you think so? (なぜそう考えるのですか?)

 

 

・Who      だれ

人について聞きたいときに使います。

 

Who is that man? (あの人は誰ですか?)

Who are you? (あなたは誰?)

 

 

・How      どのように

方法や値段などを尋ねるときに使います。

 

How much is this? (これはいくらですか?)

How is the temperature? (温度はどう?)

How can I get to the station? (駅にはどのように行けばいいですか?)

 

 

 

他には、

 

Excuse me.  すみませんが・・・ 失礼します・・・

 

声をかけて、何かを頼むときに必要になります。例えば、

 

Excuse me,please give me a glass of water?

 

すみません、お水を一杯ください

 

というように何かをしてもらう時に使います。

 

 

Please.      お願いします

 

Waterのように、名詞を頭に言って、Pleaseを付けただけで自分の意思は伝わりますが、

 

その場合、Water pleaseというように、pleaseを後につけましょう。

 

 

I would like to~ (I want to~)     ~をしたい

 

「~をしたい」ということは、ほかの人にお願いをすることです。

 

その場合、言葉遣いは出来るだけていねいであることが良いと思います。

 

ですから、できるだけI would like to~(I'd like to)を使った表現のほうが良いですが、もし覚えにくければ、I want toを使いましょう。

 

 

Is there~?/Do you have~?     ~ありますか?

 

どちらも同じ意味ですが、Do you have~?のほうが「本当にあるの?」というように、相手を確かめるようなニュアンスがあるので、お店などで何か商品があるかどうかを確かめたいときには、

 

Is there~?(~ありますか?)のほうを使うことをおすすめします。

 

 

I don't understand      わかりません

 

相手のしゃべっている内容が、よくわからなかったり、理解できなかったりした時に使います。

 

このフレーズを使うことで、相手側がしゃべるスピードを遅くしてくれたり、わかりやすい別の言葉で言いなおしてくれたりします。

 

 

sorry       すみません

 

人ごみの中で、相手と体がぶつかった時などにさらっと、「Oh,sorry.」などと言います。

 

わざわざかしこまってI am sorryなどと言う必要はありません。

 

気軽な感じで「ソーリー!」などと言えれば十分です。

 

 

Thank you       ありがとう

 

言わずと知れた言葉ですが、この「ありがとう」という言葉も国や人によってさまざまな表現があり、例えばスーパーマーケットで買い物をしたときにレジの人に「Ta!」と言われたりします。

 

こればカジュアルな「thank you」という意味の表現ですが、他にも「Cheers」や「Thanks」などがあります。

 

 

今回は海外旅行をより楽しくするための英会話、「旅行前準備編」をお届けしました。
次回は「出国編」になります。

 

旅行で使える超初心者英会話|シンプル表現で簡単に【出国編】

続きを見る

 

-英会話
-,

© 2021 フット eラボ