英文法

スープは「飲む」のに英語では「eat」?「drink」と「eat」の違いとは?

 

 

日本語で「飲む」はそれが個体でも液体でも飲み込む行為であれば「飲む」と言いますが、英語ではどうでしょうか。飲み込む行為すべてを「drink」であらわせるのでしょうか。

 

結論を先に言うと「drink」は液体を飲むときにだけ使われる単語です。では、個体の場合はどうなるのでしょうか。

 

今回は「drink」と「eat」の違いを解説していきます。

 

 

 

drinkとeatのちがいとは?

 

日本語の「飲む」は、「かまずに口から体内に送り込む」と定義されていますが、薬を飲むときには、錠剤でも散剤でも「飲む」と言います。

 

しかし英語の「drink」は、固形物を飲むときには使えないし、薬を飲むときには全て「take (medicine)」を使います。「drink」は、液体を飲むときにだけ使われるのです。

 

また、間違って本来飲み物でない液体を飲んでしまったときや、いやな物を飲み込む感じのときには「swallow (down)」が使われます。

 

だからdrinkの正確な意味は「身体に有害なもの、飲みたくないものを除いた液体を、スプーンなどの食器を使わずに容器から直接飲む」ということになります。

 

では、日本語で「スープを飲む」ということを英語では何というのか。ほとんどのスープを飲む場面では、「eat」が正解になります。

 

英語の「eat」は、ナイフ、フォーク、スプーンなどの食器を使って飲食物をとることを意味するので、スプーンを使ってスープを皿から飲むときには「eat  soup」といいます。

 

したがって、スープでも簡単にカップから直接飲む場合には、「drink  soup」と言うことができます。

 

 

 

食べ方を表す英語

 

ガツガツ食べる eat  greedily (hungrily)
ムシャムシャ食べる eat  like  a  pig  ・ munch
バリバリ食べる(噛む) crunch  (potate  chips)
大食いする eat  like  a  horse
小食である eat  like  a  bird

 

 

 

 

「I  can't  drink」ではない

 

 

日本語の「飲む、呑む」と同じく、「drink」は自動詞として「酒を飲む」の意味に使われることがあります。

 

「私は(お酒は)飲めません」は英語で「I  don't  drink」と言います。

 

日本人はよく、「I  can't  drink」とつい言ってしまうことが多いと思いますが、これは「お酒は飲めるのだけれども、今はドクターストップで飲めない」といったような、特別な場合に使われる表現になります。

 

「今晩一杯やりませんか」「良いですね」といった会話は、英語では「Let's  have  a  drink」、「How  about  having  a  drink ?」、「OK!」、「Great !」などとなります。

 

また、He  drank  his  troubles  away. (彼は酒で心のうさを晴らした)といった表現もあります。

 

 

今回は以上になります。

 

 

 

 

-英文法
-, , ,

© 2022 フット eラボ